ずっと探してた理想のお店

ほとんど着てないのに虫が食ってしまったセーター。お気に入りだから毎日のように持ってたら色がはげてしまったバッグ。

意外に直してくれるところがないんです。クリーニング店なのに穴をかがってくれないとか、できてもとても高額だったり。

自分でキレイに直せる自信もないし。バッグの補色は、どこかで見積もりを出したら、またバッグが買えるくらいの値段でした。そんな状態で、使えないけど捨てれない、諦めきれないものがクローゼットに何点かありましたが、それらすべてを解決してくれるお店が見つかりました( ´∀`)

ひとつひとつの状態に、修理方法を提案してくれて、しかも安い‼

今まで、これは無理ですねとかうちではできませんとか、言われるたびにウンザリしてましたが…ここは本当に困っている人のニーズに応えてくれる素晴らしいお店。こういうサービスを提供してるお店は心から大切にしたいです。

店舗兼工場なので、安心しておまかせできます。同業者にリペア技術を指導する講習会で講師もされているそうです。

今はまた使い捨てよりも、いいものを大事に長く使うことが見直されてますもんね。

「これは年配の人のん。」と、ブランド品でもない、内張を交換した使い込んだカバンを見せていただいて、胸があったかくなりました。

ビフォアーの写真を撮り忘れてしまったのですが(TT)、後日受け取りに行ったら、またご紹介しますね。


最後までご覧いただきありがとうございました。

Reiko's Ownd

温布(おんぷ)は下着にかさねて毎日使う、からだを温めるライナーです。

0コメント

  • 1000 / 1000